FC2ブログ

Facebookで恋活・婚活【pairs】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間の教育ローンの上手な選び方

教育資金のために、日本学生支援機構をはじめとした
奨学金を利用するだけでなく、民間の教育ローンを
選ぶという手段もあります。

その際、重要視したい教育ローンを選ぶ際のポイント
について取り上げていきます。


◆教育ローンを上手に選ぶには

1.返済の実質年率(金利)をチェックする

例えば300万円を借りた場合にしても、
実質年率が3%と5%では、年間に6万円の
差が出てきます。

例1)300万円を金利3%で5年間で返済する場合
⇒利息は234,364円かかります。

例2)300万円を金利5%で5年間で返済する場合
⇒利息は396,822円かかります。

※どちらもボーナス返済は行わず、元利均等方式での
返済を想定しています。

このように、実質年率(金利)が2%変わるだけで
利息が約16万円も変わってしまいます。

できれば利息は1円でも少ないほうが良いですよね!

金融機関の実質年率をチェックし、
少しでも有利な実質年率を選ぶようにしましょう。

※金利には変動するものと固定のものがありますが、
長い目で見れば固定のほうが安定感があるため
お勧めです。

金利比較なら、ローン比較サイトの「E-LOAN」
がお勧めです。

多くの金融機関が出てくるので、じっくり比較して
みましょう。

E-LOANで教育ローンを比較


また、E-LOANでは返済シミュレーションも
行うことができます。

実際にシミュレーションをしてみて、利息の額を
チェックしてみましょう。

E-LOANで返済シミュレーション

2.担当者の対応をみる

融資の申し込みの際は来店したり、電話のみの場合だったり
様々だと思います。

仮に電話のみなど、対面しない場合でも、金融機関の
担当者の対応をしっかりと見ておきましょう。

実質年率が低く、条件が良くても
「なんかこの担当者(会社)は合わない」
と感じることもあるでしょうし、逆に
「金利は少し高いけど、とても親身になってくれる」
ということもあるでしょう。

もちろん、中には
「金利が安けりゃそれでいい!」
という方もいると思いますが、担当者が信頼できるか
(信頼できそうか)ということも重要なポイントです。


3.借り入れ年数を確認


自分がどのくらいの年数で返済していくのかも
大事なポイントです。

返済が長ければ月々の返済は抑えられる代わりに
利息の支払いは高くつきます。

しかし、何よりも無理なく返済できるように
設定するのが一番ですから、最長借入機関は
何年かということも見ておきましょう。


以上のように、基本的な選び方のポイントをみてきました。

ただ、教育ローンが絶対にお勧めというわけでも
ありません。

奨学金や公的な教育ローンと比較検討した上で
どこから借りるか、もしくは借りないという
選択肢もあります。

安易に借りて後々苦労する、後悔するということのないよう、
慎重に選んで下さいね。
スポンサーサイト

テーマ : 教育ローン
ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。