Facebookで恋活・婚活【pairs】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本学生支援機構の奨学金申し込みについて

大学などに進学する際に活用されるのが奨学金。
無利息だったり、利息は付いていても金利が
とても低いため、利用している人も多いです。

子どもを進学させたいけれど世帯収入的にちょっと
厳しいという場合や、学費の援助は無いけれど
大学へ進学したいため本人が申し込む場合など、
利用するケースは様々です。


では、日本学生支援機構の奨学金を申し込む場合は
どういう手順で申し込むのか、また、
申し込んだ後はどのような流れで進んでいくのか
ということを取り上げていきます。


◆日本学生支援機構の奨学金申し込みと流れ

1.日本学生支援機構奨学金の申込みは
学校を通じて行っています。

学校を通さずに直接日本学生支援機構に奨学金を
申し込むことはできませんので、奨学金の申し込みを
希望する場合は学校から申し込みを行いましょう。


2.学校による選考

申込後、まずは学校が選考作業を行います。
日本学生支援機構の奨学金には第1種と第2種の
2種類ありますが、どちらも無条件で
利用できるというわけではありません。

そこで、まずは学校が選考を行うわけです。


3.学校から日本学生支援機構へ推薦

学校による選考の結果、条件を満たしているということに
なれば、学校から日本学生支援機構へ推薦をします。


4.日本学生支援機構による審査

学校による推薦を受けた対象者に対して
日本学生支援機構が審査を行います。

推薦があったからといって無条件に貸してしまっては、
さすがにリスクがありますからね。


5.採用決定

日本学生支援機構による審査の結果、奨学金の利用が
可能と決定した場合は、採用決定の旨、
日本学生支援機構から学校へ連絡がいきます。


6.学校から本人へ通知

奨学金が利用できる旨、学校から本人へ通知されます。


◆学校が仲介役

以上が、大まかな申し込みの流れになります。
こうしてみると、学生と日本学生支援機構が直接
やり取りしているわけではなく、学校が間に入って
いることが分かります。

なんか、アパートを借りる際の不動産会社みたいな
感じですね。


また、学校の先生で奨学金に詳しい方がたいていは
どの学校にも1人はいるはずなので(進路指導の
先生など)、詳しく知っている先生に聞いてみるのも
良いでしょう。
関連記事

テーマ : 奨学金
ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。