Facebookで恋活・婚活【pairs】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金の申し込みの際に必要な書類

日本学生支援機構の奨学金制度を利用しようと
思った場合、いろいろな書類などが必要になります。

申し込み書類が1枚あれば事足りるというわけでは
ありませんから、注意して下さい。

今回は、奨学金を申し込む際に必要になる書類に
ついて取り上げていきます。

ぜひ参考にして、スムーズに申し込みを行って下さいね。


◆奨学金を申し込む際に必要な書類

・「確認書」

学校からもらう、奨学金申し込みの書類です。
記載事項に不備がないよう、慎重に記入しましょう。


・「前年度の所得に関する証明書」

家計支持者(もっぱら父や母)の所得に関する
証明書を提出する必要があります。

所得証明書は、働き方によって異なります。
会社員(サラリーマン)であれば源泉徴収票や、
源泉徴収票の提出が難しい場合は年収の見込証明書などを
提出します。

また、自営業であれば、毎年税務署へ確定申告を
しているはずです。
所得税の確定申告書の控え及び所得税の青色申告書の
控えを提出します。

ただし、税務署の受付印のない場合は、所得証明書等も
合わせて提出する必要があります。

※その他の提出書類については学校の指示に従って
準備しましょう。


◆提出期限に遅れないように注意

こういった所得に関する証明書は自分の親に準備して
もらうケースがほとんどだと思います。

ひとつ注意すべき事としては、奨学金の申し込みには
申し込み書類の提出期限があります。

忙しいからといって提出期限に遅れてしまうと
奨学金の申し込みができなくなり、奨学金が
利用できなくなってしまいます。

提出期限には余裕を持って提出できるよう、
早めに準備してもらって下さい。
関連記事

テーマ : 奨学金
ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。