FC2ブログ

Facebookで恋活・婚活【pairs】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金を外国から返還するには

奨学金はリレー口座(あなたの返還金が後輩奨学生の
奨学金としてリレーされる、という意味)
での返還が原則になっています。

しかし、中には卒業後に海外へ渡り、現地で住み続ける
場合があります。

一般的には、留学や就職でというケースが多いです。

では、海外に住んでいる場合に奨学金を返還するには、
どうすればいいのでしょうか。

今回は、海外に住んでいる場合の返還方法について
取り上げていきます。


◆日本国内の銀行などで手続きしておくのがベスト

外国から奨学金を返還する場合も、日本国内同様に
銀行などの金融機関からリレー口座に加入して
自動引き落としができるようにしておくのがベストな
選択です。

なぜかというと、外国から送金する場合は、
手続きが複雑なうえ送金手数料もとても高額です。

また、日本学生支援機構の口座へ入金されるまでに
時間もかかります。

外国から送金するという方法は、まさに
「時間も手間もかかる」
方法なのです。


ただ、既に海外に居住してしまっている場合など、
どうしても送金以外の手段をとれない場合は
やむを得ません。

また、そういった方も少なからずいるのでしょう。
外国から送金での奨学金の返還も受け付けています。


◆外国から送金する場合、送金手数料はすべて本人の負担

注意点として、外国から送金する場合の送金手数料は
全て本人の負担になるということがあります。

また、入金の日付に関しても送金日ではなく、
日本学生支援機構の口座に入金された日付になりますので
この点に関しても注意が必要です。


「外国からの送金で奨学金を返還したい」
という場合や、
「海外に居住している場合の奨学金の返還について
 問い合わせたい」
という場合は、日本学生支援機構のホームページを
ご覧になって下さい。

振込先の口座や問合せ先の電話番号も記載されていますので、
分からないこと、気になることは積極的に質問して
解決しましょう。
関連記事

テーマ : 奨学金
ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。